読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こげつの写真ブログ

日々撮った写真の話とか使ってる機材の話とか。


ポートレートライティングの超絶レシピを購入

ストロボ 書籍

出かけた帰りにヨドバシ寄ったら出てたので購入。さらっと通して読んでみたので感想など。

 わりと写真関係の本買うの趣味なんですが(勉強というよりなんか好きでつい読んじゃう)、最近のストロボ使ったポートレート関係の本の中では一番よかった。

 

ポートレートライティングの超絶レシピ (玄光社MOOK)

ポートレートライティングの超絶レシピ (玄光社MOOK)

 

オンカメラ(カメラの上にストロボつけるやつ)での話はほとんどなくて、基本的にはオフカメラで撮影の話。使ってるストロボもほとんど1-3個までのセッティングが多くて実用的な感じ。

 

全体の前半3分の1くらいはストロボの種類の話や、使うとどうなるかといった基本的な話。各種ライティング用のアクセサリの話がたくさん載ってて面白かった。

 

残りの3分の2がすごい。12人の写真家がそれぞれ自分の写真とライティングやアクセサリなどについて解説しています。見た感じ一人当たり5-10カットくらい解説してるのかな。光を回してきれいに撮る自然な感じの写真よりも、ストロボ使って写真を演出するといった感じの写真が多く、作例としてあまり他の本では見かけないなという感じでした。

 

ライティング関係の本、最近はまってるのもあって国内外のやつを読んでるんですけど、国内だと珍しい感じの本なんじゃないかなー。

自分が何冊か見た範囲だと、バウンスさせて自然な感じで撮るような写真か、大掛かりなスタジオライティングのような本が多い印象。もしくはテーブルフォトとかも解説してて、人物の作例が少ないとか。

 

最近ストロボってコスプレ関係でもとてもよく使われているし、オフカメラストロボやる人はぜひ手に取ってほしい感じの本でした。わりとべた褒め。

あ、個人的には鞄に放り込んでもうちょっと読みたかったので本の大きさは小さいほうが好みだったかな。。。

 

ちょっと今後の自分の撮影に生かせそうな感じの奴もあったので試してみたいすね。

 

海外のライティングの本もボチボチ買ってるのでそのうちちょっとレビューっぽいものしてみようかな。英語読み進むのきつくて中身そこまで読めてないんだけど(セッティングと写真見て気にいったページだけ頑張って読むスタイル)